福祉に架ける橋

たたら親子熟

イメージイラスト親が教えられない知識や社会性をみにつけるのが≪学校≫、
「忙しいから」、「教え方が分らない」、
「塾へ行ってるから安心?」 本当ですか?
学校や塾は『教科書・教材』にあわせて教えます。
親は子供の理解と成長にあわせて教えることができます。
基礎教育(小中学校)は欠けていることを埋めていくことが肝心です。


子供と向きあって一緒にやれば何も難しいことではありません。その方法を伝えたいと開設しました。“子供は親が育てる”、その原点に返りませんか。たたら親子塾は、親子で一緒に参加していただきます。子供には直接教えません。毎日子供と向き合うことのできるのは親しかいません。親子で参加して、子供の疑問や不明点を親が解決していく教え方の道筋を学んでいただきます。(お問い合わせはNPO法人「明日に架ける橋」まで)

2007年4月開講『たたら親子熟』毎週日曜日午後7:00〜9:00(受講料12,000円)



フリースクールさあかすフリースクール「さあかす」

不登校の方々をそのまま受け入れ開放:月〜金 午前9時〜午後5時

学び舎を小規模作業所“さぁかすチャレンジド”におくことにより、ハンディ(身体障害等)がありながら、それぞれの能力を生かし精一杯生きる姿と地域に貢献しようとする姿勢に自然にふれあうことができます。

「ひきこもり」についてもご相談下さい。
毎日出かけて行って、何も強制されない“自分の居場所”がある、これがスタートです。知らず知らずに頼られれて、役に立っている自分に気が付けば。それには、長い時間が必要です。そんな場を提供できればと思っています。

知らず知らずに思いやりを育て感謝される経験を積んでいくことで、生まれてきた興味と関心をはぐくみ、それぞれが自己の存在を実感することで、生活意欲・学習意欲が自然に生まれてきます。子供たちが自己成長をとげていく過程を見守り、その時々に必要な援助を行います。
(※ 昼食は持参いただきます。※ 施設利用費・茶菓子代などとして月額10,000 円を負担ください。)







topページへ